生き抜いてやる!根性で!中年親父の生活奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS 疲労困憊・強風・雨・気温の急降下、悪条件が重なって過酷だった15kmランニング。

<<   作成日時 : 2017/05/01 06:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前日は一日掛かりで、
ハイエースコミューターのワックス掛けを
天井まで まんべんなく行い

その後、120リッターの灯油を買いに行き
ホームタンクに自分で給油。

休む暇もない肉体労働で
かなり 身体に疲れは残っていた。

走る気持ちには、全くなれなかった。
更に

強風に雨が混じり 
躊躇する気持ちに拍車を掛けた。

夜には、私用で外出が控えており
もたもたしていられず、
嫌でも河川敷へ行かざろう得なかった。

スタート時は
雨交じりの強風、気温16℃あった。
幸い、追い風。

疲労困憊で身体は鉛のように重たい。
スタート時の追い風は幸いだった。

疲れているからか、ランニングハイは2km辺りで始まり
予想外に早かった。

この天候、この 鉛のような身体では
25kmを走る気持ちは全く無く
半分の12.5kmを目標に走り始めていた。

しかし、
早く始まったランイングハイで
目標を15kmまで距離を伸ばした。


7.5kmの折り返し前から雨は強くなって来る。
そして 折り返し後、

強風の向かい風で強い雨、更に、
雨が強くなると同時に、気温は急降下。
強風はとても冷たくなっていた。

走っても走っても前には進まず
呼吸は出来ず、ずぶ濡れの身体は冷気にさらされ
真面目に 身の危険を感じた。

幸い、脚のエネルギーの蓄積は充分に残っており
諦める事は無かった。

必死だった。

雨は強くなり 気温はどんどん下がっていくが、
その分、ゴールが近づくにつれ
風は弱まって来た。

2km辺りからラストスパートを掛ける。
スタート時のあの鉛の様な重たい身体が嘘のような
軽い身体。

最後は、快走で気持ちよく15kmを走り終えた。
終了時の気温は8℃。

スタート時16℃だった気温は
ここまで低下していた。


</br>




</br>




</br>




</br>




</br>
Toshihiro Sakai

バナーを作成

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
疲労困憊・強風・雨・気温の急降下、悪条件が重なって過酷だった15kmランニング。 生き抜いてやる!根性で!中年親父の生活奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる