生き抜いてやる!根性で!中年親父の生活奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS 日没後は気温の急降下、顔面が痛くて・・・雪上22.2kmランニング、快走だが25kmは未達。

<<   作成日時 : 2017/01/09 09:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

気温−3℃ 無風の快晴 
路面は除雪され、新雪は積もって居ない。
体調も良くて、全てが
ベストコンディションだった。

待ちに待った この環境。
今季初、
夏と同じ距離25kmランニング達成が目の前に感じた。

スタルヒン球場のある運動公園9周で
その距離を達成出来る。


嬉しくて嬉しくて
1周目から軽快に飛ばした。

気温は−3℃だが
冬至を過ぎて 日差しの強さを感じ
とても暖かく感じた。

快走だった、このまま9周(25km)など
軽くクリアできそうだった。

7周目に入る時、日没を迎える。
日差しが無くなると 気温は急降下した。

ランニング終了後にiPhoneのBing天気予報では
−6℃になっていたが、
周囲に建物が無く、気に囲まれた
運動公園はもっともっと下がっているように感じた。

8周目は、寒さにより顔面が痛くて耐えられなくなる。
更に汗をかいてずぶ濡れのウィンドブレーカーの中は
一瞬にして凍り付き、
凍りの鎧を着ているように
手足は動きづらく
ギシギシときしむ音が聞こえてくる。

何せ 顔面が痛くて・・・・
8周終了(22.2km)でリタイア。

その時点で快走は続いてはいたが、
痛さに耐えられず、9周目に向かう
気力は無かった。

目の前にして幻となった
今季初、冬季25kmランニング。

またベストコンディションの時が来たら
次回は達成させたい。



</br>




</br>




</br>




</br>




</br>
Toshihiro Sakai

バナーを作成

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
日没後は気温の急降下、顔面が痛くて・・・雪上22.2kmランニング、快走だが25kmは未達。 生き抜いてやる!根性で!中年親父の生活奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる